シングルマザーの私は、背後は断崖絶壁に追い詰められた状態でした。
離婚してバツイチになり、子供と2人暮らしになりました。
現在は、より高いお給料を手にするため、ホステスの仕事をしています。
子供と2人の生活を守るため、この選択をしました。
それまでは、楽とはいかないまでも順調な部分はありました。
なんとか2人の生活を守れていました。
だけど、自体が変化しました。
それは新型コロナです。
接触感染する、大変面倒な病気が日本にやってきてしまったのです。
そのため、緊急事態宣言も発令。
第一波の到来に、恐怖することになりました。

 

 接客業は、新型コロナの影響を強く受けます。
そのため、時間短縮営業から完全休業に追い込まれてしまいました。
この仕事、時給で働く立場です。
収入が途絶えてしまったのです。
愕然としてしまいました。
直ぐに新しい仕事を探し始めたのですが、こちらがない。
求人の方も、新型コロナの影響を強く受けてしまったのでした。

 

 タニマチしかないなと、真剣に考えました。
ネット検索して、お金支援掲示板を発見。
こちらなら、支援男性と出会えるに違いないと考えました。
折りしも、新型コロナの影響なのか、沢山の人たちが金銭的支援を求めていました。
タニマチの見つかる場所に違いないと思いました。
登録しなくても利用出来るし、匿名性でプライベートも守れます。
タニマチ探しを、直ぐ開始していきました。

 

 タニマチ探しに利用した掲示板での反響はありました。
投稿することで、大量のメールが届くようになりました。
このようなことも考え、フリーメールを取得して良かったと思いました。
支援してくれる男性がそこにはいたのか?
答えはNOです。
とにかく、メールは沢山送られてきます。
次から次へと送られてきます。
でも、タニマチからではありませんでした。
体の関係を求めるメール、エッチな動画を求めるメール、保証金の支払いを言ってくるメール、そして多いのが消費者金融の紹介メールでした。
自分が想像するような、無償支援してくれる人からのメールが見当たりませんでした。

 

 無料掲示板でサポーター探しは大失敗です。
別の掲示板の利用もしたのですが、同様のメールが沢山到着するだけでした。
期待を込めていただけに、強烈にガッカリな気分を味わうばかりでした。

 

 高校時代の友人から、魅力的な出会いの方法を教わることになりました。
それは、お金支援掲示板ではなく、パパ活アプリでした。
コロナ禍で有効な男性とのソフトな交流で、多くの収入が得られることが分かっていきました。
友人の話を聴きながら、鳥肌を立ててしまいました。

 

 高校時代の友人に聞かされた話は、袋小路に入り込んだ私に一条の光を与えてくれました。
無料の掲示板よりも遙かに高い確率で安心して支援男性と出会う場所があることを語ってくれました。
その場所というのが、老舗の出会い系アプリでした。
JメールとPCMAXとワクワクメールの利用で、肉体関係を作らないパパと出会えていた彼女。
コロナ禍で、オンライン上でも稼ぎを得られていることを教えてくれました。
接触しないでも収入になるって、心が踊ってしまいました。

 

 コロナ禍でのタニマチとの関係は、オンライン上で行うようでした。
オンライン飲み会をして、男性から支援を受けられるって言うんですから驚くばかりでした。
退屈している富裕層も沢山いる状態だったから、出会いは高い確率でやってくるとも教えられ挑戦してみました。

 

 JメールとPCMAXとワクワクメールで活動したところ、オンライン飲み会の男性との出会いがありました。
オンライン希望の男性の中には、私のピンチを知ってカンパしてくれる人まで現れたのです。
複数の男性と知り合い、接触することもなく大きな収入に繋がっていくようになりました。
結果、途絶えた収入をオンライン上の関係で手に出来てしまったのです。
さすがに、これには喜びを感じずにはいられませんでした。

 

 タニマチとの関係は、実際の世界でも行われるようになりました。
新型コロナが落ち着きを見せた頃は、リアルデートで大きな収入でした。

 

 最近になって、また新型コロナが活発化。
2回目の緊急事態宣言も終了しましたが、第4波も近くやって来るかもしれません。
マンボウ措置もあり、収入が安定しません。
それでも、パパ活アプリでタニマチと出会えるのです。
第1波の時のような恐怖心を持つことは、もうありません。

おすすめ定番アプリ登録無料

無償でお金を支援してくれる人を探すなら!

 

 

名前:智耶子
性別:女性
年齢:28歳
 浅桐智耶子、シンママです。
シングルマザーの生活を豊かにしよう、そう思いホステスの仕事を始めました。
子供と2人の生活は、楽ではありません。
でも、平穏な状態だったらなんとか生きることが出来ていました。
それが崩れ去ることになりました。
感染症の蔓延です。
接触することで感染する新型コロナで、休業に追い込まれてしまいました。
収入が途絶えた私は、狼狽えました。
緊急的に収入を得なければならないのです。
ネット活動で、支援男性探しをやっていくことになりました。